<< ガラス制作:滞在し制作 作家に待望の施設完成、英国の2人利用第1号 /富山 | main |

スポンサーサイト

  • 2012.08.04 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「FFXIV」の新たなタイトル名は「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」に決定! 新ロゴ/プロモーションサイト,新生第1弾のトレイラーが公

新タイトルロゴスクウェア?エニックスは本日(2012年7月27日),“新生”が待たれる「ファイナルファンタジーXIV」(PC / PlayStation 3)の新たなタイトル名を「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」(英題:FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn)に決定したことを発表し,合わせて新たなタイトルロゴ,本作のプロモーションサイト,第1弾となるトレイラーを公開した。※ムービーファイルへのリンク「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」プロモーションサイト現在,プロデューサー兼ディレクター,吉田直樹氏のもとで開発が進めらている新生FFXIVがついに動き出した。2010年9月のサービス開始後,プレイヤーから厳しい評価を受け,運営継続と新生の双方を達成するために,同年12月時点で運営/開発チームの全面刷新までもが行われたFFXIV。4Gamerでも,開発陣のインタビュー記事などを通じて,FFXIVにおける現状を随時お伝えしてきた(最新のインタビュー記事は2012年6月16日掲載の「こちら」)。このような経緯があるだけに,新たなタイトル名には,そのものズバリ“新生”の文字が含まれている。エオルゼアはFFXIVの舞台であり,FFXIVの“世界”と言い替えてもいい。つまりこのタイトルは,運営なども含めたFFXIVにまつわるすべてにおいて,再出発を図ろうという意味が込められたものなのだろう。新生したプロモーションサイトでは,本作の概要,各都市/種族や,トレイラーにも出ていた「ガレマール帝国」の情報などから,その一部が公開されている。現在サービス中の「ファイナルファンタジーXIV」における,ゲームの仕様,根幹のシステム,ゲームデザインなどを一新するという新生FFXIV。まずはサイトやトレイラーを穴が空くほど眺めつつ,続報を待とう。

スポンサーサイト

  • 2012.08.04 Saturday
  • -
  • 05:42
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM